手軽に受けられるようになったシミ取り治療|特徴を知っておこう

治療の注意点

ナース

治療法を間違えないこと

シミ取り治療はとても人気があるので、美容外科クリニックでは定番です。治療法も一つではなくレーザーを照射する治療や、内服薬や外用薬の投与など沢山あります。どれも効果が高い治療ですが、一歩間違えると肌に負担になる可能性があります。シミの種類や、できている場所にあったシミ取り治療をすることが大切です。シミの中でも取るときに注意したいのが「肝斑(かんぱん)」です。肝斑は30代〜50代の女性に起こりやすい肌トラブルです。境界がぼんやりとしていて、べったりと薄いのが特徴です。主にストレスやホルモンバランスの乱れ、ピルの服用などが原因で出来ます。一般的にシミ取りで使われているのはレーザーです。しかし、肝斑にレーザーを照射すると、ますますメラニンが活性化して悪化するリスクがあるので注意が必要です。肝斑に有効なのは、低刺激なエネルギーを放つレーザートーニングやジェネシスなどです。どちらもオーソドックスなレーザーよりもマイルドで、薄い肝斑をきれいに消すことができます。それと一緒にケミカルピーリングやイオン導入などの治療もすると効果的です。目の周りは皮膚がとても薄いので、目尻や目の下にあるシミを取る治療をする場合も、注意をする必要があります。基本的に紫外線ダメージで活性化したシミは、目にゴーグルをしてからレーザー照射をすれば消すことができます。しかし、目への負担を少なくしたいなら、内服薬や外用薬で地道に消していくのがお勧めです。内服薬ではホルモンに働きかけるタイプや、ビタミンC系のサプリメントが効果的です。外用薬ではハイドロキノン配合クリームがあります。ハイドロキノンは色素沈着を排出する作用があるシミ取り医薬品です。一日一回患部に塗ると、1週間後くらいに赤くなりはじめ、やがて薄くなっていきます。ハイドロキノン配合クリームは、濃度の調整が重要です。ハイドロキノンの濃度が高いと、赤みが消えないままになり、シミが濃くなってしまうことがあります。特に目の周りのシミを消すときには、低濃度なハイドロキノン配合クリームを使うことが大切です。

Back to Top