手軽に受けられるようになったシミ取り治療|特徴を知っておこう

まずは原因をよく知ろう

カウンセリング

原因にあった治療法を

お肌の悩みは、尽きないものです。その中でもしみで悩んでいる人は、とても多いことでしょう。シミと一言で言っても、その種類はいくつかあり、原因も異なります。間違った治療法をしてしまうと、改善しないどころか、悪化してしまうことも多々あります。特徴や原因をよく知り、それに対応したシミ取りの方法をするのが効果的です。まずは一般的なシミの種類として、老人性色素斑というものが挙げられます。これは紫外線が主な原因とされており、日本人に最も多くみられるされています。直径数ミリから数センチの大きさで、頬骨などの高い位置に出来るとされています。このシミ取りに効果的な美容皮膚科での施術としては、レーザー治療が挙げられます。レーザーはシミの原因とされているメラニン色素だけに反応するので、患部だけを綺麗に取り除いてくれます。この治療のメリットとしては、少ない回数で効果が見られ、再発が少ないということです。反対に施術には多少の痛みが伴うという事もあるので、頭に入れておくと良いでしょう。次に、肝斑というものがあります。この症状は30、40代の女性に多く見られるとされています。その特徴としては、左右の頬あたりに対象的に出来、茶色や灰色をしています。そして大きく広範囲に渡ってできることが多いようです。この原因は、ホルモンバランスの崩れとされています。このシミ取りには、あまりレーザー治療は向いていません。レーザーを当てると、反対に症状が悪化してしまう事もあるようです。その対策としては、トラネキサム酸という内服薬の服用や、お肌へのイオン導入などが良いようです。次にニキビ跡や外傷、火傷の跡などの炎症性色素沈着があります。これらにも、イオン導入が効果的な治療とされています。最後にそばかすがあります。幼少期頃から現れるものとされ、1から5ミリ程の大きさの色素斑が、目や鼻、頬など広範囲に渡って左右対称に出来るのが特徴です。これに有効的な治療として、フォトフェイシャルのような光治療、またレーザー治療などが勧められています。

Back to Top