手軽に受けられるようになったシミ取り治療|特徴を知っておこう

美容外科の選び方と基準

看護師

女性は顔の中で目に見える部分が一番気になるものです。よく見えるところにあるシミが大きくなって目立つ前に消したいというお悩みを持っている人は多いものです。シミを取りたいと思うこのようなお悩みを解消してくれる美容外科は探せばたくさんあります。

Read More

肝斑の治療について確認

顔を触る人

レーザーでも治療可能に

両頬にもやもやとした境目が薄いシミが出来てしまった場合、もしかしたらそのシミは「肝斑」かもしれません。肝斑は30代から40代の女性に出来やすいシミで、両頬に左右対称の薄いもやもやとしたシミが出来るという特徴があります。女性ホルモンが引き金となり起こるシミと言われており、美白化粧品でのケアでは肝斑は薄くならないと言われています。大きなシミが両頬に出来る事もある肝斑を解消するには、美容系クリニックで受けられるシミ取り治療を受ける方法がおすすめです。美容皮膚科や美容外科といった美容系のクリニックでは、様々なシミ取り治療を行っており、肝斑に特化した治療を提案してくれるクリニックも少なくありません。以前、シミ取り治療として効果の高いレーザーは肝斑に照射すると逆に、シミが濃くなってしまうと言われていました。ですが、最近は肝斑にも対応するレーザーが誕生した事によって、肝斑もレーザーでのシミ取り治療で改善する事が可能です。レーザートーニングという特殊なレーザーでの治療で、従来のレーザー治療に用いられるルビーレーザーなどと比較すると、肌への作用がマイルドです。強い刺激を与えると悪化してしまうケースもある肝斑も、作用がマイルドなレーザートーニングなら、メラニン色素だけにダメージを与えてシミを薄く出来ます。今まで肝斑はレーザーで治療できないと言われてきましたが、レーザートーニングなら効率的に肝斑も治療して消す事が可能です。多くのクリニックはレーザートーニングだけのシミ取り治療だけでなく、トラネキサム酸の内服薬やトレチノイン外用薬をプラスするケースが多い傾向にあります。内服薬・外用薬といった他のシミ取り治療を組み合わせる事によって、さらに肝斑を薄くする効果を高めます。コンシーラーやファンデーションで肝斑をカバーしようとして、逆にメイクが厚塗りになり老けて見られてしまう・・という悩みを持つ方も少なくありません。今ではレーザーで肝斑も治療で消せる時代となっているので、シミ取り治療にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

シミ治療の種類をチェック

婦人

美容系クリニックで受けられるシミ取り治療の種類は豊富です。メラニン色素を熱で破壊するレーザー治療、美白効果のある外用薬での治療、内服薬での治療などがポピュラーです。シミや肌質に合わせて治療を選択します。

Read More

まずは原因をよく知ろう

カウンセリング

このようにシミには、様々な原因があります。シミ取りには、まずその原因を知ることが重要と言えます。自己判断せずに、美容皮膚科などでカウンセリングをきちんと受け、それにぴったりの治療を受けた方が、時間も費用もかからないかも知れません。

Read More

費用も施術も手軽で人気

女性

美容外科でシミ取りをする主婦層が増えてきています。その理由は至って単順です。家計に響くことのない費用で手軽に施術を受けられるからです。もちろん、施術法によって費用は異なるものの、5000円程度で受けられるものが多くなっています。

Read More

治療の注意点

ナース

シミの種類やできている場所によっては、レーザーでのシミ取り治療ができない場合もあります。特に肝斑はレーザーを当てると悪化するリスクがあります。目の周りのシミも、レーザーよりも内服薬や外用薬で消していくのが無難です。

Read More

Back to Top